The Fool In The Valleyの雑記帳

-- 好奇心いっぱいのおじいちゃんが綴るよしなし事 --

数独でPythonを2

開発環境を準備しました。そのステップを備忘のため記しておくことにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Pythonを使うための環境としては、 The Python Package Index(PyPI) かAnacondaがある。ここでは、データサイエンスや機械学習などの学習に適しているとされるAnacondaを使うことにした。

Anacondaのインストール

https://www.anaconda.com/products/individual から Anaconda3-2020.07-Windows-x86_64.exe をWindows10のD:\Dev にダウンロードし、D:\Dev\Anaconda にインストールした。Windows10のスタートメニューの「すべてのアプリ」にAnacondaフォルダが作られ、その中に図のようなアプリケーションがセットされ、そこから起動できるようになる。
f:id:tfitv:20200808080921p:plain

Pythonの確認

AnacondaのインストールでPythonが正常にインストールできたことを確認するため、Anaconda Promptというアプリを使って下記のようにpythonのバージョンを調べる。

(base) D:\Dev\Anaconda\Work>python 
Python 3.8.3 (default, Jul 2 2020, 17:30:36) [MSC v.1916 64 bit (AMD64)] :: Anaconda, Inc. on win32 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. 
>>>

Python 3.8.3 がインストールされている。(最新は3.8.5になったようだ。)
Windowsスタートに置かれたアプリは自動的にpythonへのPathが通っているので、事前にそれを環境変数に登録しておく必要はない。
Anacondaをインストールすると、NumPy、SciPyのような機械学習で必要なモジュール、ライブラリも自動的にセットアップされる。NumPy、SciPyのバージョンは以下のようにして確認できる。

f:id:tfitv:20200808150436p:plain

Spyderの確認

IDEとしてSpyder を使う。Windowsスタートから起動すると以下のスプラッシュスクリーンが表示される。しばらくするとIDEの画面が立ち上がる。
f:id:tfitv:20200808082505j:plain

簡単なスクリプトを書いて実行の▶ボタンを押すと動作を確認できる。
f:id:tfitv:20200808083156p:plain

OpenCVのインストール

OpenCVはAnacondaに含まれないので別途インストールする必要がある。Anaconda Promptで pip install opencv-python を実行すると、下記のように自動的にwhlファイルをダウンロードし、Python用のOpenCVがインストールされる。

(base) D:\Dev\Anaconda\Work>pip install opencv-python
Collecting opencv-python
  Downloading opencv_python-4.3.0.36-cp38-cp38-win_amd64.whl (33.4 MB)
     |████████████████████████████████| 33.4 MB 6.4 MB/s
Requirement already satisfied: numpy>=1.17.3 in d:\dev\anaconda\lib\site-packages (from opencv-python) (1.18.5)
Installing collected packages: opencv-python
Successfully installed opencv-python-4.3.0.36

OpenCVのインストールの確認

OpenCVがインストールされたかどうかは、cv2というライブラリをインポートして実行することで確かめられる。cv2 の2はCVのバージョンとは無関係。OpenCV3でもOpenCV4でも、cv2でインポートする。
f:id:tfitv:20200808121327p:plain

OpenCVのテスト

OpenCVがインストールできたので、d:\Dev\Anaconda\Workに置いた画像ファイルの入力と表示の簡単なプログラムで動作をテストしてみた。
f:id:tfitv:20200803164043j:plain

画像データLena

上記のテストで使った画像ファイルは、1970年代から標準画像データベースSIDBA(Standard Image Data-BAse)の一つとして広く使われてきたものだ。
その経緯については下記に記述がある。
レナ (画像データ) - Wikipedia
SIDBAの画像データは、
神奈川工科大学
http://www.ess.ic.kanagawa-it.ac.jp/app_images_j.html 
南カリフォルニア大学
http://sipi.usc.edu/database/
などからダウンロードできる。