The Fool In The Valleyの雑記帳

-- 好奇心いっぱいのおじいちゃんが綴るよしなし事 --

Gee Bee 型のパークフライヤー

一昨年、COVID-19の拡がりで「ステイホーム」が叫ばれたとき、家に籠ってできることとして、Wright Flyerの模型を作りました。ちょうどその時このブログを始めたので、最初に投稿した記事はそれについてでした。

その後、それがきっかけになってRCの飛行機をまた飛ばしたいと思うようになったのですが、近隣で飛ばす場所を見つけることができず、断念せざるを得なくなっていました。

ところが最近、幸運なことに、近所にラジコン飛行機のクラブがあり、飛ばせる場所があることを知りました。

そういうことから、またラジコン飛行機に対する気持ち強くなってきて、まずは、2年前に製作を中断していたモデルの製作を再開することにしました。

Gee Bee型のパークフライヤー

これは、17,18年前に米国で購入したもので、高速のレーサーであるGee Beeを模したユニークな形をしています。

en.wikipedia.org

実際のGee Beeは上のリンクにあるようにずんぐりした形をして高速で飛ぶのですが、このモデルはEPP(発泡ポリプロピレン)の板で軽く作られていて低速で飛ばすことができるパークフライヤーと呼ばれるタイプです。それにデフォルメして可動翼が大きくなっているし、3D POP FLYERと銘打たれているところからすると、所謂曲芸飛行的な3Dフライトも出来そうです。
不足している部品を揃えて、完成するのは来月、梅雨が明けた頃に初飛行ができればいいなと考えています。
屋外で風があったりすると苦戦するかもしれませんが、どんな飛び方をしてくれるか楽しみではあります。