The Fool In The Valleyの雑記帳

-- 好奇心いっぱいのおじいちゃんが綴るよしなし事 --

ミスター武士道が面白い その2

1月に、大河ドラマ「光る君へ」を観るにあたってミスター武士道の解説動画がとても参考になるということを書きました。 「光る君へ」では登場する人物の人間関係においてその官職が重要な要素になるのですが、あまり馴染みのない平安時代の話なので予備知識…

電子書籍 と 紙の本

ひと月ほど前から時々Jeffrey ArcherのFalse Impressionを読んでいることを以前このブログに書きました。 昨日は天気が悪くて、家で本を読んで過ごすことにしたのでやっとそれを読み終えることができました。一冊読み終わってみると、Jeffrey Archerの本をも…

NVIDIAの株価 その3

経済ニュースによると、日本時間の今朝発表されるNVIDIAの4半期の決算が世界的に注目されているようでした。 今日のテレビ東京のモーニングサテライトはそれを番組の途中で速報で伝えることになると言って始まり、実際、番組の終盤にその速報が伝えられまし…

木製の洗濯バサミ

60年以上前の昭和30年代の洗濯バサミはこんな木製のものでした。 その後洗濯バサミはアルミ製になり、更にはプラスチック製が主流になって、木製を見ることはなくなっていました。 私が木製の洗濯バサミに久しぶりにお目にかかったのは意外なところでした。2…

相模國一之宮

今日は寒川方面にでかけたので、久しぶりに寒川神社に寄ってみました。 寒川神社は相模國一之宮ということで、年間を通して多くの参拝者があり、特に正月などはとても混んでいるので敬遠したくなります。しかし、二月中旬のウィークデイとなると本殿に一番近…

スマホ決済の話 その2

一昨日、スマホ決済の話を書きましたが、昨日はこんなことがありました。 午前中の用が終わったあと、車に給油しに行ったついでに昼食をとろうと思ってその斜め向かいにある人気のラーメン店に車を停めました。スマートフォンだけ持って店に入ると券売機は現…

あるデータ

クイズ番組でデータの時間的推移をみせて「さてこれは何を示しているでしょう?」なんていう問題があったりします。 そこで問題です。下のグラフは何の変化を示したものでしょう? 実は、私は会社OBのテニスサークルで幹事をしているのでボール代を適宜徴収し…

デアンニョ

Facebookでフィードされてきた記事が、まさに私が過去に体験し、感じたことを書いていたので、紹介したいと思います。この記事です。 ーーーー 実は、私の家族は1989年から3年間米国のBoston近郊で暮したことがあります。当時8歳になったばかりの長男は渡米…

大橋宗桂と宝井其角

昨年10月、藤井聡太竜王・名人の師匠である杉本昌隆八段の講演会に行ったとき、杉本氏が将棋の一世名人大橋宗桂の墓にお参りしてきたと話されたのを聞き、それが伊勢原市内の上行寺にあることを初めて知りました。 調べると上行寺はここにあります。 家から…

クルミッ子

数日前にこんな記事がありました。 確かに「クルミっ子」はおいしいのですが、そんなに人気があるということにちょっと驚きました。妻が久しぶりに食べたいというのですが、わざわざ鎌倉まで買いに行く気はしません。もっと近くで簡単に手に入らないか探すと…

マグニフィセント・セブン

5,6年前にはGAFAという言葉が良く聞かれ、その後FAANGになったり、FAANG+Mになったりしていましたが、一昨年くらい前から、マグニフィセント・セブンという言葉が良く聞かれるようになりました。 アップル、マイクロソフト、アルファベット、アマゾン、…

NVIDIAの株価 その2

ちょうど1年前にAMDとNVIDIAの株を少量ずつ購入しました。購入の動機は、自作のPCをアップグレードするにあたってその購入資金の足しにするためで、そういうことならそれらのCPUとGPUのメーカーを応援し、それに掛けてみようという気持ちになったからでした…

False Impression

正月のテレビ朝日の「博士ちゃん」という番組に葛飾北斎についてメチャクチャ詳しい少年が登場したので感心して見ていました。 www.tv-asahi.co.jp その中で、その子が日本の浮世絵が印象派の画家たちに多大な影響を与えたことを話しているのを聞いて、背景…

とと丸食堂

今日の昼は夫婦で食べたいものの意見が「とと丸食堂」の海鮮丼で一致しました。 「とと丸食堂」は小田原の早川漁港のそばにある店で評判は聞いていましたが、遠いのでわざわざ行くことはありませんでした。それが、昨年オープンしたOutlets湘南平塚のフード…

ラジコン機の補修

先週、ラジコン飛行機の4号機を着陸させようとしたとき、高度を下げ過ぎて手前の田んぼに落としてしまいました。 硬くて平らな地面だったら着陸して滑走できたでしょうが、稲刈り後の乾田だとそうはいきません。ズボッと引っ掛かって壊してしまいました。う…

坂本怜選手

期待の17歳がやってくれました。 坂本怜選手、全豪オープンジュニアで優勝! WOWOWオンデマンドで決勝をみましたが、これまでの日本人選手にはなかった193㎝という上背を生かしたダイナミックなテニスが魅力です。 これからの活躍が楽しみ。 ausopen.com 彼…

カーナビが狂った

県道を走っていて渋滞状況を見るためにカーナビで地図を表示させて驚きました。数キロ離れたとんでもない場所を走っているように表示されるからです。 GPSの電波を拾い損ねているのか?と思いましたが、いつも走る道だし、特に周りに高いビルがあるような場…

テニスでの大声、奇声

全豪オープン女子シングルス決勝はZheng (中国)と Sabalenka(ベラルーシ)の対戦となり、日本時間1/27の17:30から行われる。 特にZhengに肩入れしているわけではないが、この対戦となるとZhengを応援することになるだろう。 それはSabalenkaが打つたびに大…

外国所得税

毎年、確定申告をすると幾ばくかの還付金があるので、楽しみにしても良さそうなものですが、取り掛かるまでが億劫です。そう感じるのは、途中でよくわからないことがでてきて、スッキリしないことがあるのが原因なのでしょう。四則演算しか使わない単純な計…

飛行機の墓場

The BeatlesにGet Backという歌があります。 Jojoという男が故郷のArizona州Tucsonを離れ、Californiaに草(大麻?)と求めて行ったという歌詞で始まります。 ♫Jojo was a man who thought he was a loner But he knew it couldn’t last Jojo left his home …

グライダーとテニスボールの箱

先に紹介したテニスボールの箱を利用した組み立て台、もちろんグライダーでも役に立ちます。 持ち運ぶときはこういう形に分離していますが、ネジ2本で固定する構造になっているので 台を使って組立てるとこうなります。

アップルパイ3

今日は雨。アップルパイを作ったあと、王将戦第2局と全豪オープンを観戦。アップルパイは3回目なので、手慣れたものになってきた。紅玉を使って、少し厚く切り、砂糖の量を減らしたのでフィリングがいい感じに仕上がった。 王将戦は、菅井八段が投了して藤井…

ぼくは航空管制官

20年程前、「ぼくは航空管制官2」という航空管制をテーマにしたシミュレーションゲームで遊んでいた時期がありました。当時は、WindowsはXPの時代で、PCの処理能力も今と比較すると劣っていたので、ゲームの画面は下のようなものでした。3D表示されてはいま…

ラジコンとテニスボール

ラジコン飛行機は持ち運びのために翼を胴体に着脱できるようにしているものが多く、その場合には、フィールドで飛ばす前に組み立てて、結線する必要があります。 組立てるための専用の工夫された台も商品としてありますが、私のもう一つの趣味であるテニスの…

ミスター武士道が面白い

今年の大河ドラマは、これまであまり扱われなかった平安中期を舞台にしているので、興味を持って見始めました。 1000年前の話で、正確な記録はさほど残されていないのでかなりの部分はフィクションだとしても、人物の相関関係は史実でしょう。ただ、藤原さん…

えっ、馬!

こんなニュースがあると妻が教えてくれた。 news.tv-asahi.co.jp 見ると慣れ親しんだ景色が映っているではないか。ここである。 場所はというと、この辺り。県道22号(横浜伊勢原線)が小田急の下をくぐって国道246号に向かったところ。 近くの牧場から逃げ…

四十にして惑わず、の後は?

娘が40歳になったということでLINEでメッセージをやり取りしていて、論語にある「四十にして惑わず」という言葉が頭に浮かびました。 この言葉、孔子が晩年に人生を述懐したものだと理解しているのですが、この四十の時だけがやたら有名で、その前後がどうだ…

侵入者たちの晩餐

普段はテレビドラマはあまり見ないのですが、バカリズムの脚本でネットでの評判もよかったので観てみました。 これは面白かった。お薦めです。 tver.jp 1月10日(水)20:59 までTVerで観ることができます。

パーキングメーター

よく利用する平塚駅近くのパーキングメータで車を停めました。車を停めるときにはメーターに赤いLEDで「0」と表示されているのを確認して停めるようになっているのですが、それが点いていないのです。その辺り一帯の他のメータを確認しても点いていません。…

年末のご挨拶2023

このブログやFacebookに投稿した写真で2023年を振り返りながら、ご挨拶申し上げます。 今年の第一の出来事は二人目の孫の誕生です。8歳になったもう一人の孫ともども、彼らが健やかに成長することと日本が安全で住みやすい国であり続けることを願うばかりで…